第144回 芥川賞 直木賞

第144回芥川賞と直木賞の受賞者4名が
発表されました。

芥川賞は、西村賢太さん『苦役列車』、
朝吹真理子さん『きことわ』が受賞しました。

また、直木賞には木内昇さん『漂砂のうたう』と
道尾秀介さん『月と蟹』が受賞して、
7年ぶりの芥川賞と直木賞ダブル受賞となったようです。

中でも道尾秀介さんは5回連続候補になっていて、
今回待望の受賞となりました。

とりあえず、この受賞作4作品があれば、
しばらく読書も退屈しなくてすみそうだね。

水嶋ヒロ KAGEROU

第5回ポプラ社小説大賞の受賞作、
水嶋ヒロさんの小説「KAGEROU」が、
発売前だというのに43万部の予約を突破したそうです。

凄いですよね。
そんなに人気があるのなら、
きっと良い本だと思うので、
私も読んでみたくなりました。

人気者が書いた本だからとも取れますが、
専門家の評価なので本物でしょう。
楽しみです。

酒井法子 自叙伝「贖罪」

女優の酒井法子さんが初の自叙伝
「贖罪」を出版するそうです。

酒井法子さんは去年11月に
覚せい剤取締法違反の罪で
有罪判決を受けていました。

現在は執行猶予中で、
自叙伝では薬物使用へと至った
経緯について告白されています。

酒井法子さん自身の本音が書かれているみたいで、
事件の詳しい事も書いていると思うので、
結構ヒットするかもしれないね。